社会

22時を過ぎているのに… オスプレイ2機が深夜に94デシベル 宜野湾で連日夜間騒音「非常に迷惑」

騒音を響かせながら米軍普天間飛行場に着陸する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ=22日午後11時、宜野湾市

 【宜野湾】米軍普天間飛行場で22日、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ2機が航空機騒音規制措置(騒音防止協定)で定められた時間を過ぎた午後11時ごろまで飛行した。県と市による騒音測定調査では、宜野湾市の上大謝名公民館で午後10時59分に最大94・1デシベルの騒音が発生した。23日もオスプレイなどの午後11時前の飛行があった。

 市に午後11時に上大謝名に住む女性から「うるさい」との苦情があった。騒音防止協定では午後10時から翌日午前6時は、飛行や地上の活動が制限されている。

 17~18日も午後11時すぎまで米軍機が飛行した。宜野湾市は19日、沖縄防衛局を通して米側に市民生活に配慮するよう申し入れた。