スポーツ

興南、決勝進出 大分に7-5 高校野球春季九州大会

興南―大分 4回、左越えのソロ本塁打を放つ、興南先頭打者の比屋根秀斗=25日、鹿児島市の平和リース球場

 高校野球の第144回春季九州大会は25日、鹿児島県の平和リース球場で準決勝が行われ、興南は7-5で大分に勝利し、決勝に駒を進めた。決勝は26日午前10時から、同球場で西日本短大付(福岡)と対戦する。【琉球新報電子版】