エンタメ

安室奈美恵、DA PUMP、三浦大知 平成の音楽シーンに旋風を巻き起こした沖縄アクターズスクール出身のアーティスト

最後のツアーで笑顔を見せる安室奈美恵さん=2018年6月、東京ドーム

 「沖縄の歌姫」安室奈美恵さん、「U.S.A.」を大ヒットさせたDA PUMPのISSAさん。そして、2月に天皇陛下が作った琉歌に皇后さまが曲をつけた歌を歌い話題になった三浦大知さん。平成の日本の音楽シーンに沖縄旋風を起こした彼らは、タレント養成学校「沖縄アクターズスクール」(マキノ正幸代表)の出身だ。

 アクターズは1983年に開校し、90年代に東京の芸能事務所ライジングプロダクション(現ライジングプロ・ホールディングス)とタッグを組み、多数のアーティストを成功に導いた。安室さんも、92(平成4)年に同じタッグがデビューさせたスーパーモンキーズのメンバー。安室さんはソロデビュー後、スターダムを駆け上がり、MAX、SPEED、DA PUMP、知念里奈さんなど後輩の活躍に道を開いた。

 マキノ代表は「足元から全身に抜けるように、16ビートのリズムを感じながら踊る技術を教えられるのは、アクターズしかなかった」と当時を振り返る。

 アクターズは98年ごろに教育事業に参入し、芸能界から離れていたが、3月に再びライジングプロとタッグを組むことを発表。新たな「歌姫」誕生が期待される。


ISSAさん

三浦大知さん


MAX((C)ライジングプロ・ホールディングス)

沖縄での凱旋コンサートで熱唱するSPEED=1998年


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス