政治
参院選2019

糸数慶子氏「まとまる必要」 高良鉄美氏支持を再表明 「県民の声」討論会

夏の参院選沖縄選挙区を巡る候補者選考について討論する糸数慶子氏(右端)や「県民の声」100人委員会のメンバー=29日、那覇市の沖縄大

 夏の参院選沖縄に向け、県政与党に「県民に開かれた候補者選考会議」の設置を求めている「『県民の声』100人委員会」は29日、那覇市の沖縄大学で「沖縄から国政へ 県民の声を届ける」と題した討論会を開催した。現職の糸数慶子氏(71)が出席し、社大党が擁立した元琉球大法科大学院教授の高良鉄美氏(65)の支持を改めて表明し、「沖縄が一つにまとまり日米両政府に対峙(たいじ)する必要がある」と呼び掛けた。

 高良氏も出席の予定だったが欠席した。当初、4選出馬に意欲を示していた糸数氏は社大党の選考過程について「多少不透明だったかもしれない。心の中に葛藤もあった」と明かしつつ、「決まった以上は、県民を分断して無駄なエネルギーを使うのは県民のためにならない」と語った。

 今後の政治活動については「引退はしない。県民の要請があればあらゆるチャンスを生かして活動したい」と述べた。

 一方、欠席した高良氏は「多くの方々から多面的な意見があり、それらを踏まえて私のほうで出席しない判断をした」と主催した100人委員会に不参加の理由を回答した。

 フロアからは糸数氏や100人委員会に対して、高良氏と糸数氏がそろって会見に臨むことを希望する声や、糸数氏が高良氏支持を表明したことを評価する声などが上がった。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内