社会

那覇ハーリー初日 中学生の“力漕”に声援

中学校対抗ハーリーで、力強いかいさばきを見せる中学生たち=3日、那覇港新港埠頭(田中芳撮影)

 第45回那覇ハーリー(同実行委員会主催)が3日、那覇港新港埠頭で開幕した。5日まで。3日は中学校の部のハーリーなどがあり、生徒たちの力漕に大きな声援が送られた。男子は石田中が3分15秒75で優勝。女子は那覇中が3分49秒36で制した。

 男子の2位は寄宮中、3位は首里中。女子の2位は寄宮中、3位は石嶺中だった。那覇爬龍(はりゅう)船振興会の嶺井政治会長は「みんな一生懸命練習してきている」とたたえ「600年の歴史がある那覇ハーリーにぜひ訪れてほしい」と呼び掛けた。

 4日は爬龍(はりゅう)船体験乗船、5日は一般の部のハーリーと御願(うがん)バーリー・本バーリーがある。ステージではライブなどがあり、各日午後8時40分頃から、3千発の花火が打ち上げられる。

 詳細は那覇市観光協会のホームページなどで紹介されている。問い合わせは実施本部(電話)098(861)0071。