社会

強い日差しの下、「基地ノー」訴え 復帰47年県民大会 「体力続く限り」「おばあちゃんと一緒に」

基地のない平和な沖縄を訴える登壇者の話に拍手を送る県民大会の参加者=19日午後、宜野湾海浜公園屋外劇場(大城直也撮影)

 強い日差しが照り付ける中、参加者は「平和な沖縄を返せ」「平和憲法を守るぞ」と何度も拳を上げた。沖縄の日本復帰47年に合わせて、19日に宜野湾市で開かれた県民大会には約2千人(主催者発表)が集まった。踏みにじられ続ける「基地ノー」の民意。それでも参加者たちは「平和を求めて声を上げ続ける」と前を向く。

 「基地はいらない」。沿道を進む参加者たちがシュプレヒコールを上げる。その横を、警察車両に前後を挟まれた右翼団体の街宣車が並走し「恥を知れ」「沖縄から出て行け」と大音量で罵声を浴びせ続ける。17日から始まった平和行進。何度妨害されても、歩みを止めることはない。

 「久々に行進したけど、若い頃よりも体力を消耗したね。年を重ねたことを実感した」というのは那覇市の70代女性。苦しい表情を浮かべながらも「それだけ沖縄の現状が変わっていないということも実感した。できることは微々たるものだが、体力が続く限り声を上げ続けたい」。声は力強い。

 大会会場となった宜野湾海浜公園屋外劇場は、風がほとんどなく、直射日光で気温がぐんぐん上がった。客席は多くの県民と、県外から連帯する人たちとで埋め尽くされた。

 会場には子どもたちの姿も多く見られた。南風原町から祖母大城ミヨコさん(71)と一緒に来ていた小学5年の日菜さん(10)は、自ら進んで参加した。ミヨコさんの祖母は沖縄戦の犠牲となった。「ひいひいおばあちゃんは、なぜ死んでしまったのかちゃんと知りたい」。3年生の頃から沖縄戦を調べ始め、沖縄陸軍病院南風原壕にも行った。

 「たくさんの人が壕で亡くなったのかと思うと怖かったけど、ちゃんと見なきゃいけない」。友達と一緒に遊びたいという気持ちもある。それでも「反対運動をしている人たちはお年寄りばかり。私たちが頑張らなきゃいけない」と、まっすぐな瞳で語った。