社会

沖縄県ドクターヘリの部品落下か 衝突防止灯のカバー紛失 けが人の報告はなし

沖縄県ドクターヘリ=2015

ドクターヘリの機体から落下した可能性がある衝突防止灯のカバーと同じ型の部品=22日、那覇市の沖縄県庁

 沖縄県は22日、出動を終えたドクターヘリ(EC135型)から、衝突防止灯のカバーがなくなっていたと明らかにした。飛行中に落下した可能性がある。カバーはガラス製で直径6・6センチ、高さ6・2センチ、重さ115グラムで、けが人は確認されていない。

 県やヘリを運航する学校法人ヒラタ学園(神戸市)などによると、19日午前7時半ごろの飛行前の点検ではカバーがあることを確認していた。その後与論島などへの出動を終えた後、同午後2時半ごろに整備士が機体の洗浄をしている際にカバーがないと気付いた。【琉球新報電子版】