社会

中学校の理科室で薬品爆発 教師が両目と首にやけど

 24日午後5時40分ごろ、うるま市内の市立中学校の理科室で、授業の片付けをしていた男性教諭(56)が薬品の処理を誤り、爆発事故を起こした。教諭は顔に薬品を浴び、両目と首をやけどした。うるま署によると、当時は授業後で室内に生徒はいなかった。教諭は「初歩的な間違いを犯してしまった」と話しているという。