社会

哀悼の「黒」で会場埋め尽くす 米兵女性殺害事件の追悼集会 繰り返される米兵の事件・事故に抗議

米海軍兵による女性殺害緊急・抗議集会で登壇者の話に耳を傾ける参加者ら=2日、北谷町桑江ちゃたんニライセンターカナイホール

 4月に北谷町桑江で起きた米海軍兵による女性殺害事件を受け、市民団体や地域の有志による「緊急追悼・抗議集会」が2日午後、同町のちゃたんニライセンター・カナイホールで始まった。被害女性への哀悼の意を込め、「黒」を身にまとった県民が参加し、繰り返される米兵による事件事故に抗議を示した。

 参加者らは冒頭で1分間の黙祷を捧げた。開会のあいさつで県議会議員の瑞慶覧功さんが「事件後も、米兵による事件事故は相次いでいる。日米両政府へ我らの怒りをぶつけよう」と力強く呼び掛けた。【琉球新報出電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス