社会

米軍、ヘリの部品と認める 沖縄の中学校の落下物

中学校のテニスコートに落下した布状の物=4日、浦添市当山の浦西中学校

 4日午後3時半ごろ、浦添市立浦西中学校のテニスコートで米軍機からの落下物とみられる重さ約20グラムのゴム製部品が発見された問題で、米海兵隊は5日、米軍普天間飛行場所属のCH53Eヘリコプターのプロペラの部品と認めた。

 米海兵隊は「同じ部品を使用している航空機の検査を実施し、劣化などが見つかれば部品を交換する」とした。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス