くらし

熱中症に注意を 沖縄で6月から181件発生、10代が多く

 本格的な観光シーズンを前に沖縄県地域保健課は19日、熱中症注意喚起第2号を発表した。今年は6月からの集計で7月13日までに、181件(前年同期比64人減)の熱中症が発生した。うち10代が36人と最も多くなっている。8月に向けて学校や職場は夏休みなどを迎える。同課は熱中症の増加が懸念されるとして、こまめな水分補給や暑さ防止などを心掛けるよう呼び掛けた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス