政治

日米、辺野古移設推進を再確認 エスパー新米国防長官と安倍首相が初会談 

  【東京】安倍晋三首相、菅義偉官房長官は7日午前、官邸で7月下旬に就任したエスパー米国防長官と初めて会談した。会談後の会見で菅官房長官は「日米同盟の抑止力維持、沖縄を始めとする地元の負担軽減を図る観点から、在日米軍再編を着実に進めることを再確認した」と述べ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を日米で進める方針を確認したことを明らかにした。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス