社会

台風9号、今夜にも石垣島最接近 暴風、大雨の恐れ

 大型で強い台風9号は7日午後9時現在、石垣島の南東約420キロを時速15キロで北北西に進んだ。8日夜遅くから9日にかけて「非常に強い台風」に発達して石垣島にかなり接近する見通し。先島諸島は既に強風域に入っており、本島地方でも強い風が吹いている。沖縄気象台は8日から9日にかけて暴風やうねりを伴った高波、大雨や高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 7日午後9時現在、中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風域で、半径500キロ以内は風速15メートル以上の強風域。
 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は八重山地方45メートル(60メートル)、宮古島地方35メートル(50メートル)、本島地方20メートル(30メートル)、大東島地方18メートル(30メートル)。8から9日にかけて本島地方と先島地方は猛烈なしけとなる見込みで、波の高さは八重山地方と宮古島地方12メートル、本島地方9メートル、大東島地方6メートル。
 9日午前0時までの24時間予想雨量は先島諸島180ミリ、その後の24時間は本島地方100~200ミリ、先島諸島300~400ミリ。八重山地方では8日、多いところで1時間に80ミリの猛烈な雨、宮古島地方でも1時間に70ミリの非常に激しい雨となる恐れがある。