社会

心躍る太鼓の音、響く 全島エイサーまつり開幕

迫力のあるエイサーで多くの観客を魅了した沖縄市東青年会=23日午後8時ごろ、沖縄市のコザゲート通り(新里圭蔵撮影)

 【沖縄】夏の夜をエイサーの演舞で彩る「第64回沖縄全島エイサーまつり」(主催・同実行委員会=沖縄市、琉球新報社、沖縄テレビ放送、市観光物産振興協会、市青年団協議会)が23日夜、沖縄市胡屋十字路周辺で行われた「道ジュネー」で開幕した。市内外から9団体が出演。力強い太鼓や三線の音色が市内に響き渡った。

 道路を埋め尽くした観衆は、一糸乱れぬ隊列移動やバチさばきに盛大な拍手と指笛を送った。

 地元の久保田青年会で演舞する友人の応援に駆け付けた上原りりなさん(9)は開始1時間前から沿道でスタンバイ。「お盆は見られなかったから今年初めてのエイサーが楽しみ」と話した。

 24日午後3~9時には、市コザ運動公園陸上競技場で「第41回沖縄市青年まつり」、25日午後3~9時には同競技場で本祭が開かれる。