社会

テニアンでも慰霊祭 遺族、帰還者が戦争犠牲者の鎮魂祈る

太平洋戦争で戦場となったテニアンで亡くなった県人の鎮魂を祈る参列者ら=28日午前、米自治領テニアン島

  【テニアンで謝花史哲】第42回テニアン島沖縄県人戦没者慰霊祭(沖縄テニアン会主催)が現地時間28日午前、米自治州テニアン島の「沖縄の塔」で開かれた。帰還者やその家族、現地関係者らが参列し、太平洋戦争による75年前の地上戦で犠牲となった県人のみ霊を慰めた。
  
  米軍占領後、長崎や広島への原爆投下の出発基地となったテニアン島。沖縄テニアン会を代表して同会の儀間光男顧問は戦没者へ追悼の言葉を述べた後に「原爆の犠牲を忘れてはならない。テニアンが核廃絶の発信拠点になってほしい」と訴えた。【琉球新報電子】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内