社会

台風13号 宮古島地方に大雨警報 5日昼すぎに通過 久米島は5日夜から暴風 

  非常に強い台風13号は5日午前10時現在、宮古島の南約60キロの海上を時速15キロの速さで北へ進んでいる。
  
  沖縄気象台の午前10時40分発表によると、勢力を維持しながら北上し、5日昼すぎにかけて宮古島付近を通過する。沖縄本島地方では5日夜遅くから6日未明にかけて台風が最も接近する見込み。久米島は5日夜のはじめごろから6日明け方にかけて暴風となるとみられる。気象台では、先島諸島と沖縄本島地方は、引き続き暴風や高波に厳重に警戒し、宮古島地方については低い土地の浸水に警戒するよう呼び掛けている。

  沖縄気象台は宮古島地方に暴風、大雨警報を、石垣島地方に暴風警報を発表した。先島諸島は5日、沖縄本島地方は6日にかけて、多い所で1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込み。台風周辺の雨雲の発達状況によっては、石垣島地方では5日、沖縄本島地方では7日にかけて、警報級の大雨となるおそれもある。
 
  先島諸島では北または東の非常に強い風が吹いている。宮古島地方では6日未明にかけて長時間暴風が続き、猛烈な風が吹くとみられる。石垣島地方でも5日夕方まで暴風となる見込み。予想される最大瞬間風速は宮古島地方で60メートル、石垣島地方で35メートル。沖縄本島は35メートル。
 
  5日午前10時現在の台風の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の東側330キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス