政治

辺野古移設断念を 玉城知事、岩屋防衛相に繰り返し要請 国、譲らず平行線

米軍基地問題に関する要望書を岩屋毅防衛相(左)に手渡す玉城デニー知事=5日午後4時すぎ、県庁

  玉城デニー沖縄県知事は5日午後、県庁で岩屋毅防衛相と会談し、名護市辺野古への米軍普天間飛行場移設を断念して早期に同飛行場の運用を停止するよう求めた。移設先の埋め立て海域にある軟弱地盤の影響で工事が長期化することを挙げ、「工事を止め、沖縄県と対話による解決を図ってほしい。辺野古移設と関わりなく、一日も早く普天間飛行場の危険性を除去してほしい」と訴えた。
  
  これに対し、岩屋防衛相は「現場を視察し、自然環境にも配慮しつつ安全に工事を進めているのを確認した。ぜひこの事業を進め、普天間飛行場の返還を実現したい」強調した。軟弱地盤については有識者会議の助言を得ながら進める考えを示した。両者は繰り返しそれぞれの考えを主張し、平行線のまま会談は終わった。【琉球新報電子版】