地域

子どもの絵、卵のパッケージに 「エネルギーが詰まっている」 糸満「農水苑・虹」国産飼料で鶏飼育

 【糸満】糸満市新垣で外国産飼料を使わず、自ら作った発酵飼料で鶏を育てて、卵を販売している「農水苑・虹」(前田英章代表)の、新しい卵のパッケージが完成した。8月16日、デザインの基になった絵を描いた子どもたちを「虹」に招いて、お披露目会が開かれた。


お披露目会に参加した子どもたちとデザインを担当した「デコール」の瑞慶山成人さん(右端)と亜矢子さん(右から2人目)、農水苑・虹の前田英章さん(中央)=糸満市新垣の農水苑・虹

 新しく完成したパッケージは「虹」に日頃から遊びに来ている子どもたちが、「虹」で働く人たちや鶏をイメージして書いたイラストを基に、豊見城市でデザイン事務所「デコール」を営む瑞慶山成人さん(39)亜矢子さん(39)夫妻がデザインした。

 パッケージを手に取った藤井橙子さん(6)は「イラストがかわいいパッケージになってうれしい。お店に並んでいるのを見るのが楽しみ」と話した。

 前田さんは「子どもたちのエネルギーがいっぱい詰まった絵で包まれた卵は、食べる人も元気になると思う」と顔をほころばせた。

 亜矢子さんは「子どもたちだからこそ描ける絵がとてもすてきだった。いろんな人に手に取ってもらいたい」と話した。


子どもたちのイラストを基に完成した新しい卵のパッケージ(瑞慶山成人さん提供)

 新しいパッケージとなった卵は、9月から糸満ファーマーズなど市内の一部の店舗で販売を開始している。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス