社会

14日ぶりに船が入港 生鮮、冷凍食品、雑貨が届き一安心 南大東島、北大東島

陸揚げされたコンテナからトラックに次々と荷物を積むJAや商店のスタッフら=25日、北大東村南の江崎港(上地順子通信員撮影)

 【北大東】海上のしけや台風の影響で11日の入港以降、出港が延期になっていた那覇と南北大東間を結ぶ貨客船「だいとう」が25日、両村に入港した。

 台風の影響で航空便の欠航も相次ぎ、食料品などが品薄になっていた北大東村では、村南の江崎港で陸揚げされたコンテナから多くの生鮮や冷凍食品、雑貨などが運び出された。

 JAおきなわ北大東支店や各商店のスタッフらが荷物をトラックに次々と積み込んだ。

 宮城商店では、野菜やパンを買い求める客が商品の入荷を待った。JA店舗では、パンや冷凍食品を手にレジを待つ客の表情に、ほっとしたような笑顔があふれた。(上地順子通信員)


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス