政治

辺野古移設促進の意見書可決 普天間飛行場の地元・宜野湾市議会

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を促進する意見書を与党の賛成多数で可決する宜野湾市議会=27日、同議会

【宜野湾】宜野湾市議会(上地安之議長)は27日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を促進する意見書を与党の賛成多数で可決した。野党は辺野古移設に反対する意見書を提出したが、反対多数で否決された。宜野湾市議会が辺野古移設を明記した意見書を可決したのは初めて。

 辺野古移設を促進する意見書を提案した呉屋等議員(絆輝クラブ)は、日米両政府が普天間飛行場の移設先を米軍キャンプ・シュワブ辺野古崎が唯一の解決策としているとして「苦渋の決断の時期と思慮せざるを得ない」と訴えた。
【琉球新報電子版】










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス