社会

台風18号:八重山、あす暴風域に 30日から1日にかけ先島最接近 気象台、注意呼び掛け

  強い台風18号(ミートク)は29日午後6時現在、フィリピンの東を1時間に約20キロの速さで北西に進んでいる。沖縄気象台によると、今後は発達しながら北西に進み、30日から10月1日にかけて強い勢力で先島諸島に接近する。気象台は早めの台風対策を呼び掛けている。
  
  先島諸島では30日未明から風が強く吹き、八重山地方は30日朝に暴風警報が発表され、同日には暴風域に入り猛烈な風が吹く見込み。宮古島地方は30日昼前に暴風警報が発表される見込みで、同日夜の初め頃に最接近する。沖縄本島地方は30日夜の初め頃から強い風が吹くが、現時点で暴風域に入る可能性は低いとみられる。
  
  29日午後6時現在、台風の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。風速25メートル以上の暴風域が中心から東側110キロと西側70キロ、風速15メートル以上の強風域は中心から東側330キロと西側280キロにある。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス