社会

先島地方、30日夕方にも暴風恐れ 台風18号

気象庁ホームページより

 強い台風18号は29日午後9時現在、沖縄の南を1時間に約25キロの速さで北西に進んでいる。沖縄気象台によると、今後は発達しながら北西に進み、30日夜の初めごろに強い勢力で八重山地方にかなり接近する見込み。暴風警報は、宮古島・八重山地方でいずれも30日昼前に発表される予定。気象台は、先島諸島は10月1日にかけて暴風や高波に、沖縄本島地方は高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。先島諸島は30日未明から強い風が吹き、同日夕には暴風になる。特に八重山地方では最大風速40メートル(最大瞬間風速60メートル)が予想され、宮古島地方は25メートル(同35メートル)。沖縄本島地方は30日夜の初めごろから強い風が吹き、18メートル(同30メートル)が予想されている。


 29日午後9時現在、台風18号の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。風速25メートル以上の暴風域が中心から東側110キロと西側70キロ、風速15メートル以上の強風域は東側330キロと西側280キロにある。
 沿岸の海域はうねりを伴い、沖縄本島地方は30日に6メートル、先島諸島は10メートルの高い波が予想される。先島諸島は30日、多い所で1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、土砂災害や浸水に警戒が必要。雨雲の発達状況によっては先島諸島と沖縄本島地方とも10月1日にかけて警報級の大雨も予想される。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス