10代少年の無免許運転、相次ぎ逮捕 パトカーの追跡中に転倒 那覇・沖縄署


10代少年の無免許運転、相次ぎ逮捕 パトカーの追跡中に転倒 那覇・沖縄署 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 4日夜から5日未明にかけ、バイクの少年による道交法違反(無免許運転)容疑の逮捕が相次いだ。二人とも警察車両の追跡中に転倒し、軽傷を負うなどしたが命に別条はない。県警は追跡方法に問題はなかったとの認識を示している。

 那覇署は4日午後10時15分ごろ、那覇市の国際通りで無免許でバイクを運転したとして、同容疑でいずれも自称で那覇市の飲食店従業員の少年(17)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。那覇署によると少年はヘルメットを着用せずに信号無視をして、パトカーの追跡中に転倒した。少年にけがはなかった。

 沖縄署は5日午前2時15分ごろ、北谷町の町道で無免許でバイクを運転したとして、同容疑でいずれも自称宜野湾市の無職の少年(17)を逮捕した。「免許を取ったことはない」と容疑を認めている。沖縄署によると白バイの追跡を受けた少年のバイクが飲食店駐車場に進入し、看板に接触してバランスを崩し転倒した。足に擦過傷のけがを負ったという。