那覇市立病院 小児科の深夜救急休止へ 3月2日から 医師の退職・休職で


那覇市立病院 小児科の深夜救急休止へ 3月2日から 医師の退職・休職で 那覇市立病院
この記事を書いた人 Avatar photo 吉田 健一

 那覇市立病院は小児科医の退職や休職に伴い、3月2日午前0時から小児科の深夜の救急診療業務を当面の間、休止する。

 当初は休診開始を1日からと発表したが、その後修正した。

 休止の時間帯は午前0時~同8時30分で、受診受付の締め切りは午後10時30分となっている。

 病院側によると、小児科の夜間救急診療業務の休止は初めて。小児科医の退職などにより「現行の宿直体制を維持できない」と説明した。

 深夜診療の再開時期などの詳細について、市立病院は1日午前10時から記者会見を開き説明する予定。

 1980年に開院した那覇市立病院は2008年に独立行政法人に移行した。小児科開設以来、365日24時間体制で診療を行ってきた。