有料

沖縄で女性議員率、最も高い市町村は? 一方「ゼロ」は7町村


沖縄で女性議員率、最も高い市町村は? 一方「ゼロ」は7町村
この記事を書いた人 Avatar photo 慶田城 七瀬

 1972年に沖縄が日本に復帰して以降、女性で県議会議員となったのは76年に女性の県議として初当選を果たした上江洲トシ氏を含めて累計16人。前回20年の選挙では立候補者64人のうち女性8人で、定数48人中7人が当選し過去最多となったが、割合は14・6%。22年の統一地方選では各市町村で女性議員が相次いで誕生したが、県議会議員はいまだハードルが高い現状がある。

 県内で女性議員の割合が最も多いのは北谷町議会で定数19人中7人で36・8%。21年7月の那覇市議会議員選挙では過去最多となる13人の女性候補者が当選し、定数40の議会で32・5%を超えた。一方、女性議員が1人もいない「女性ゼロ議会」は7町村あり、4村はこれまで一度も女性議員が誕生したことがない。 

(慶田城七瀬)