社会

ペルー県人会が100周年 副知事ら記念式典出席

先人たちの功績をたたえたペルー沖縄県人会の創立100周年記念式典=20日、ペルー・リマ市の沖縄県人会館

 【ペルー・リマ市20日宮城久緒】ペルー沖縄県人会創立100周年記念式典(主催・同県人会)が20日(現地時間)、ペルー・リマ市の沖縄県人会館で開かれ、ペルー国内の県系人ら約250人が出席した。

式典では、1911年に同県人会の前身となる沖縄青年同志会を立ち上げた沖縄県人30人を含め、先人の功績をたたえるとともに、10月に開催される世界のウチナーンチュ大会での再会を誓い合った。
 式典にはペルー側から安里ビクトル・ペルー県人会会長、諸見里美恵子ペルー県婦人会会長、上村ルイス・ペルー日系人協会会長ら、沖縄側から上原良幸副知事、玉城義和県議会副議長、城間俊安県町村会会長(南風原町長)らが出席。
 安里会長は先人の業績を紹介した上で「沖縄県系子弟の心の中に祖先から受け継いだ理想、価値観、伝統を引き継いでいきたい」と強調。「これからも、ウチナーンチュ精神で県系人が一心同体になり、ペルーの成長と繁栄の一翼を担うよう歩みたい」と話した。
 上原副知事は「先人たちは郷土愛を心の糧にペルーの政治、経済、教育などさまざまな分野で活躍してきた。創立100周年を契機にますます発展してほしい」などと仲井真弘多知事からのメッセージを代読。歴代の県人会長、婦人会長らに感謝状を贈った。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス