教育

希望胸に新生活へ 県立高、1万4078人卒業

山城邦定校長から卒業証書を受け取る卒業生=1日、那覇市の沖縄工業高校

 県立高校全60校で1日、一斉に卒業式が開かれた。卒業生は高校生活の思い出と、これから始まる新たな生活への希望を胸に、一歩を踏み出す。

2012年度の卒業生は全日制1万3757人、定時制180人、通信制141人の計1万4078人。
 那覇市の沖縄工業高校(山城邦定校長)では本年度で58年の歴史に幕を閉じる定時制課程の最後の卒業式が開かれた。卒業生12人は教員や家族に見守られながら山城校長から卒業証書を受け取った。卒業生を代表し吉本駿さん(21)が「58年間の歴史と伝統を受け継ぎ、いつまでも語り継ぐことを約束する」とあいさつした。卒業式の後、同高定時制課程の卒業生らが集い、廃課程式典が開かれた。同高では同日午前、全日制課程274人の卒業式も行われた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス