社会

嘉手納 F22、緊急着陸 韓国派遣の機体か

 【嘉手納】米軍嘉手納飛行場に暫定配備されているステルス戦闘機F22ラプター2機が1日午前、同飛行場に相次いで緊急着陸した。不具合の内容は不明。

2機目は長距離飛行の際に装着する燃料タンクを付けており、31日に米韓合同演習に参加するため韓国に派遣された機体の可能性もある。
 目撃者によると、1機目は10時17分ごろ、2機目は10時50分ごろに国道58号側から南側滑走路に進入し滑走路脇で停止。緊急車両が近づき機体の点検作業を受けた後、1機目はけん引され、2機目は自走して格納庫に向かった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス