社会

【アメリカ】田仲さん、目標へ一歩 ミスユニバース沖縄大会2位

ミスユニバース沖縄大会の上位3人。左から、2位になった田仲敦美さん、1位の川畑聖羅さん、3位の前川絢妃さん=読谷村文化センター鳳ホール

 2013ミス・ユニバース・ジャパン県大会で2位に輝いた田仲敦美さん(22)=沖縄国際大4年=は2011年4月に、米ロサンゼルスでインターンを経験した研修生のうちの一人だ。田仲さんは「コンテストへの応募は、試練とチャンスを自分自身に与え、目標に向けてのファーストステップとなった」と伝えてきた。

 田仲さんら4人は3週間にわたり米ロサンゼルスのリトル東京サービス・センターで研修した。
 田仲さんは当時、沖国大の1年生。将来について目標が定まっていなかった。しかし、インターンを終え、沖縄に帰ってから自分の中の変化に気付いた。以前より積極的になり、自分の思いを表現することができるようになっていた。
 リトル東京サービスセンターで、日系2世、3世やアメリカ人と接触した経験を通して学んだことが自然と身に付いたのだろう。特にハリウッドで着物の着付け教室を営む押元(旧姓・上間)末子さんとの出会いが強く印象に残ったようだ。
 あれから2年がたち、インターンで培った積極性を実践するチャンスが訪れた。ミスユニバース・ジャパン県大会への応募だ。友人や両親の後押しもあったが、自分の内から湧いてくる意志を尊重した。県大会の運営上、楽しみにしていたビューティーキャンプに参加することはできず、正直、残念な気持ちだが、大会2位は自分のターニングポイントになったと「熱い思い」を伝えている。(当銘貞夫通信員)

英文へ→Tanaka wins second prize in the Miss Universe Okinawa pageant


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス