地域

一万円札のようなウチカビ その名も「琉球冥界銀行券」

一万円札にそっくりなウチカビを開発した泰陽貿易の漢那用哲専務(左)と販売元のコーヨウ企画の千葉信一代表=宜野湾市のコーヨウ企画

 【中部】福沢諭吉になぜか首里城-。「琉球冥界銀行券」と銘打った一万円札にそっくりなお札は浦添市の泰陽貿易(中島善助社長)が開発、宜野湾市にあるコーヨウ企画(千葉信一代表)が6月から販売を始めている「ウチカビ」だ。

 現代風にアレンジしたウチカビは煙の出ない紙で作られ、お香の香りもほのかに漂う。ウチカビの風習は沖縄だけではなく、中国・台湾・シンガポール・韓国などでも見られる。中国系の人たちの間では「紙銭」と呼ばれ、その国々の紙幣をかたどっているという。漢那用哲専務は「ウチカビとしてはもとより、観光客の旅の記念にしてもらえればうれしい」と話した。「琉球冥界銀行券」の問い合わせはコーヨウ企画(電話)098(893)8575。(稲福元子通信員)