政治

【統一地方選】名護市議選 新基地反対派が勝利 与党が過半数

 7日投開票の名護市議選(定数27)は、稲嶺進市長を支える与党が14議席を占め、引き続き過半数を占めることが確実となった。野党は11議席、公明は2議席となることが確定した。新基地建設反対派が勝利し、辺野古移設反対の住民意思が示された。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス