政治

豊見城市長選 宜保氏が再選 大城氏に2699票差

宜保 晴毅氏

 【豊見城】台風の影響で延期されていた豊見城市長選は19日投開票され、無所属現職の宜保晴毅氏(46)=自民、公明推薦=が1万3170票を獲得し、無所属新人の大城勝永氏(61)=社民、共産、社大推薦=に2699票差をつけ2期目の当選を果たした。

 投票率は53・46%で前回の51・98%を1・48ポイント上回った。
 宜保氏は4年間の実績や若さをアピールし、子育て・教育政策を重点政策として訴え勝利した。宜保氏は「4年間、豊見城市民の幸せを第一に頑張ってきた結果が勝利に結び付いた」と語った。
 豊見城市の当日有権者数は4万4638人(男性2万1711人、女性2万2927人)。投票者数は2万3864人。無効票は222票、不受理・持ち帰りなどが1票だった。

▽豊見城市長選挙開票結果
当 13170宜保 晴毅 無現
  10471大城 勝永 無新
(選管最終)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス