政治

大塚国交政務官に外国人献金 115万円、辞任は否定

 大塚高司国土交通政務官(衆院比例近畿)が2007年から09年にかけ、日本在住の外国籍男性から計115万円の政治献金を受けていたことが28日、分かった。政治資金規正法は外国人や外国企業からの寄付受領を原則禁止している。大塚氏は取材に対し「外国人とは知らなかった。すぐに返金するよう事務所に指示した」と述べた。

 「職務は公正中立に果たす」として政務官の辞任は否定した。
 大塚氏によると、自身が支部長を務める自民党大阪府第8選挙区支部に07年30万円、08年60万円、09年25万円の献金があった。男性は当時、パチンコ関係の事業に携わっていた。
(共同通信)