スポーツ

日米親善試合に1万7900人 熱いプレーで観客魅了

日米トップ選手の姿を見ようと、スタンドを埋める1万7941人のファン=20日、沖縄セルラースタジアム那覇

 「2014 SUZUKI 日米野球」の最終戦となる日本代表と米大リーグ(MLB)オールスターチームによる親善試合が20日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われ、1万7941人のファンが日米のトップ選手のプレーを堪能した。

試合は日本代表がMLBに6―4で勝利した。
 8年ぶりに開催された日米野球で沖縄開催は初めて。この日は肌寒さが感じられる天候だったが、スタンドは野球ファンの熱気で埋まった。
 日本代表は0―1の二回、今宮(ソフトバンク)の適時打で同点。四回に1点を勝ち越し、五回に丸(広島)の三塁打で1点を加点した。八回には柳田(ソフトバンク)の2点適時打などで3点を奪い突き放した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス