政治

中国、南沙に滑走路建設か 国際軍事誌が画像公開

中国が南シナ海の南沙諸島にある永暑礁に建設中の「新たな人工島」とされる11月14日撮影の画像(エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/IHS Jane’s提供・共同)

 国際軍事専門誌IHSジェーンズ・ディフェンス・ウイークリーは21日(日本時間22日)、中国が南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島の永暑礁に建設中の「新たな人工島」とされる画像を公表した。長さ約3千メートル、幅200メートル以上あり、同誌は「南シナ海における中国初の滑走路用地」と分析している。
 画像は8月8日と11月14日に撮影。同誌によると、中国は永暑礁に「滑走路用地」のほか、しゅんせつ船を使って港湾を建設している。画像解析によると、タンカーや水上戦闘艦の接岸に十分な大規模施設とみられるという。
 永暑礁はかつては満潮時に海面下に水没する暗礁だった。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス