政治

翁長知事、農相要請も未定 自民県連、日程調整断る

 翁長雄志知事は6日、沖縄振興予算に関する要請や全国知事会への出席のために上京した。ただ、同日夕の段階で全国知事会以外の日程は決まっていない。7日にJA沖縄中央会と共に行う方向で調整していた西川公也農相へのサトウキビ交付金維持に関する要請については、自民党の西銘恒三郎衆院議員が同行することが決まったが、翁長知事の同行は調整がついていない。

 農相要請についてJA沖縄中央会は自民党県連を通して調整した。一方、県側も自民党県連を通じて日程調整を依頼しているが、県連は「翁長知事の要請は断った」としている。
 自民党本部は2015年度の沖縄振興予算について議論するため8日に開く沖縄振興調査会についても翁長知事には出席を求めない方針。例年は県にも案内していた。県によると、西川農相との会談を調整する中で、自民党県連から調査会についても知事出席を求めない意向を伝えられた。
 知事は東京滞在中に振興予算に関する要請で内閣府への訪問も調整しているが対応者は未定。
 翁長知事は6日の上京前、報道陣に対し「沖縄振興調査会に招かれないのは残念だが、(政府・与党の対応を)県民や本土の人に見ていただければいいと思う。会える人がいれば気持ちは伝えたい」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス