政治

米、ウクライナに武器供与検討 政策転換か

 【ワシントン共同】2日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、複数の米政府当局者の話として、オバマ政権がウクライナ東部情勢の悪化を受け、ウクライナ軍への武器供与を検討していると報じた。5日にキエフを訪れるケリー国務長官がウクライナ側と協議する。
 検討しているのは「防衛用の武器」とされるが、軍事支援を防弾チョッキなどの非殺傷装備に限定してきた従来の政策の転換となり、現地情勢や米国とロシアの関係に大きな影響を及ぼすことになる。オバマ大統領は最終決断していないという。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス