政治

ボーリング調査再開を批判 名護市長「都合の良いこと実行」

前知事の埋め立て承認を根拠に、移設に反対する翁長雄志知事の要求を無視する政府を「都合の良いことを取捨している」と批判する稲嶺進名護市長=12日、名護市役所

 【名護】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に向け、沖縄防衛局が海底ボーリング作業を再開したことに、稲嶺進名護市長は12日、「(埋め立てを承認した)前知事の言ったことを金科玉条のごとく根拠として、今の知事が(反対を)求めても聞く耳を持たないのは何なのか」と指摘。

その上で「都合の良いことを取捨して実行している。一体どうなっているんだ」と、知事選で示された民意を無視する政府の強硬姿勢を厳しく批判した。同日、市役所で報道陣の取材に答えた。
 大浦湾の臨時制限区域内で、防衛局が設置したコンクリートブロックがサンゴなどを傷つけている問題を調べるため、県が求めた区域内の立ち入りについて米軍が「運用上の妨げになる」と拒否したことにも言及。「周囲で(防衛局の)工事が行われているのに、なぜ(県の)調査が運用上の問題になるのか。理解できない」と述べ、「県の調査に対する横やりを入れる、邪魔をしているとしかとれない」と批判した。
英文へ→Nago Mayor criticizes Japanese government for resuming marine boring survey in Henoko