政治

辺野古反対運動に「政治で対峙」 島尻参院議員

島尻安伊子参院議員

 自民党県連の島尻安伊子参院議員は4日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に対する反対運動について「私は反対運動は責任のない市民運動だと思っており、私たちは政治でここに対峙(たいじ)していく」と述べ、自民党県連として県内で高まる辺野古移設反対の県民世論とは一線を画す姿勢を示した。那覇市旭町の自治会館で開かれた自民党県連大会の会長就任あいさつで語った。

 島尻氏はまた、辺野古移設に関連して「反対運動の声の大きさに恐れおののくことなく、毅然(きぜん)と冷静に物事を進めていかなくてはならない」とも述べた。島尻氏は琉球新報の取材に対し「言論の自由はあり、反対運動を否定するものではない」と釈明した。