教育

塾探しは無料誌で 「ジュクタン」創刊 県内25校紹介

フリーペーパー「ジュクタン」

 学習塾の民営事業者数が九州で2番目に多い県内でこのほど、フリーペーパー「ジュクタン」が創刊された。発行したのは広告会社のカフーブランディング(那覇市)。喜屋武剛敏社長は「塾の情報誌は全国でも珍しい」とし「親と子が一緒になって教育を考えるきっかけにしてほしい」と話した。

 「ジュクタン」は「塾を探索する」の略。1万部発行し、県内本島のココストア全店と一部のファミリーマート、ゆいレール全駅に置いている。
 創刊したのは、事務所を開設した那覇市安里に立ち並ぶ塾の多さに驚いたことがきっかけだ。「県内の塾の情報を包括するメディアがあれば、沖縄の学力向上により貢献できるのではないか」と考えた。
 創刊号では県内25の塾を「集団塾」「個別指導塾」「映像指導」「家庭教師」の四つに分類して紹介し、自分に合った塾を探すための診断チャートも。栄養士の宇栄原千春さんが考案した「勉強がはかどる塾前ごはん」や芸人のベンビーさんのインタビュー、ジュンク堂書店が選んだ「中高生に読んでもらいたい本10選」なども掲載している。
 ジュクタンは年6回の発行を目指し、次号は5月20日の予定。テーマは「部活と受験」。問い合わせはジュクタン事務局(電話)098(882)5208。