社会

米軍占領から70年 伊江島で平和祈願祭、不戦誓う

平和を願い戦没者に焼香する芳魂之塔平和祈願祭の参列者=21日、伊江村西江前の芳魂之塔

 【伊江】沖縄戦で約3500人が犠牲になった伊江村で、戦没者を悼む「芳魂之塔平和祈願祭」(伊江村主催)が21日、村西江前の芳魂之塔で行われた。遺族や村の関係者ら約350人が沈痛な面持ちで戦没者に花をささげ、平和への誓いを新たにした。

この日は、戦闘で破壊され職員と家族が犠牲になった伊江島灯台でも慰霊祭が執り行われた。
 午後1時、伊江港のフェリーからの汽笛を合図に、参加者は黙とうをささげた。
 島袋秀幸伊江村長は「先の大戦の記憶を風化させることなく、人類共通の願いである世界平和への誓いを新たにする」と述べた。現在も世界各地で続く紛争に言及し「伊江村はいかなる戦争やテロを否定する」と力強く語った。
英文へ→70 years after US occupation: Ceremony on Ie Island rejects war



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス