スポーツ

大リーグ、上原が7セーブ目 イチロー代打でバント安打

アスレチックス戦で7セーブ目を挙げ、タッチを交わすレッドソックス・上原(右)=オークランド(ゲッティ=共同)

 【オークランド共同】米大リーグは13日、各地で行われ、レッドソックスの上原はオークランドでのアスレチックス戦で2―0の九回を無安打無失点で締めて今季7セーブ目。田沢は1―0の七回2死から2番手で投げ、1回1/3を無安打無失点だった。試合は2―0。

 マーリンズのイチローはドジャース戦に代打で出場し、1打数1安打だった。2―4の七回無死一塁でバント安打を決め、後続の適時打で同点のホームを踏んだ。チームは5―4と逆転勝ちし、連敗を3で止めた。
 ジャイアンツの青木はアストロズ戦に「1番・左翼」で臨み、4打数1安打、1四球。チームは3―4で競り負けた。
(共同通信)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス