スポーツ

具志堅用高氏、国際ボクシング殿堂入り

国際ボクシング殿堂入りの表彰式で演台に立つ具志堅用高氏=14日、米ニューヨーク州カナストータ

 【カナストータ=問山栄恵ワシントン本紙特派員】元世界ライトフライ級王者で13連続王座防衛の日本記録を持つ県出身の具志堅用高氏(59)がボクシング界の功労者を表彰する国際ボクシング殿堂入りを果たし、米ニューヨーク州カナストータで14日、授賞式が行われた。

駆け付けた大勢の観衆を前に、具志堅氏は英語を交えたスピーチで「素晴らしいチャンピオンと同じ殿堂入りを果たせ、仲間になれたことは大変うれしい」と述べ、感激に浸っていた。
 具志堅氏は1976年に世界ライトフライ級世界王座に就き、防衛に失敗した81年3月の試合を最後に引退した。【琉球新報電子版】
英文へ→Yoko Gushiken inducted into Boxing Hall of Fame