スポーツ

琉王さん死去 県出身初の幕内力士、70歳

元幕内の琉王

 大相撲、元幕内の琉王(本名・神田武光=かんだ・たけみつ)さんが6月28日午前4時、脳梗塞のため東京の介護施設で死去した。70歳。鹿児島県奄美市生まれ、那覇市育ち。葬儀は東京で家族葬を予定している。

 1962年に朝日山部屋入門、同年11月場所で初土俵。70年に県出身力士で初の幕内入り。身長176センチ、体重135キロと小柄ながら、突き押しを武器に県出身で最高位の前頭筆頭まで上った。74年5月場所で横綱・輪島から金星を挙げた。
 76年に廃業。東京で相撲料理店を経営したが2004年に脳梗塞で体調を崩し、12年から豊見城市の施設で療養していた。
 通算443勝、幕内183勝。幕内在位は28場所。