政治

廃案求め意見書 ヘリ墜落も抗議 大宜味村議会

 【大宜味】大宜味村議会(平良嗣男議長)は17日、9月定例会の本会議で集団的自衛権の行使を容認する「安保関連法案」に反対し、速やかな廃案を求める意見書を賛成多数で可決した。

首相、防衛相、外相、法相、衆参両院議長宛て。意見書は同法案に関し「日本が再び戦争する国にならないように固く決意した世界に誇れる平和憲法を破壊に導くものだ」などと指摘した。
 村議会は同日、米軍ヘリうるま沖墜落事故に関する抗議決議と、事故原因究明や再発防止を求める意見書も賛成多数で可決した。
 抗議決議は駐日米大使、在日米軍司令官など宛て。意見書は首相、防衛相、外相など宛て。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス