政治

米国「難民10万人受け入れ」 ケリー国務長官が表明

 【ベルリン共同】ケリー米国務長官は20日、内戦が続くシリアなどから難民や移民が欧州に押し寄せていることを受け、世界から受け入れる難民の人数を段階的に増やし、2017会計年度(16年10月~17年9月)には10万人の受け入れを目指すと表明した。ドイツのベルリンで、シュタインマイヤー外相と会談後の記者会見で述べた。

 16年度の難民受け入れについては、15年度の約7万人から1万5千人増やして8万5千人にすると語り「このうちシリア難民は最低でも1万人」と明らかにした。17年度にはさらに1万5千人を増やして10万人を目標にすると付け加えた。
(共同通信)