政治

首相、自民幹部の続投明言 谷垣、稲田、茂木氏ら5人

 【キングストン共同】安倍晋三首相は9月30日夕(日本時間10月1日午前)、ジャマイカの首都キングストンで同行記者団に対し、7日に断行する自民党役員人事で高村正彦副総裁、谷垣禎一幹事長、稲田朋美政調会長、二階俊博総務会長、茂木敏充選対委員長の5人をそれぞれ続投させると明言した。

 同じく7日に実施する内閣改造で新設する「1億総活躍社会」の担当相に関し「新しい政策を進めていく上で、突破力、結論を出していく能力も必要だ」と説明。同時に「女性登用を常に念頭に置き、閣僚人事に当たりたい」と強調した。
 公明党から引き続き閣僚1人を起用する考えも示した。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス