有料

西武・山川穂高、国内FA権を行使 騒動経て「重い責任を持ち続ける」とコメント


社会
西武・山川穂高、国内FA権を行使 騒動経て「重い責任を持ち続ける」とコメント 山川穂高(共同通信撮影)
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 西武は14日、山川穂高内野手(31)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使したと発表した。女性関係の不祥事により今季17試合の出場にとどまった山川は球団を通じ「これからの野球人生に対して重い責任を持ち続けることの覚悟であることをご理解いただけたら幸いです」などとコメントした。
 5月に強制性交の疑いで書類送検され、8月下旬に不起訴処分となったが、球団から無期限の公式試合出場停止処分を科された。一連の騒動で「社会から離れることまでも考えた」そうで、FA宣言により「(他球団の)声をお聞かせいただくことで自分自身を戒めることとなるのではないかとも考えた」とした。
 西武は残留交渉で提示した条件を変える考えはないとしており、飯田光男球団本部長は「今後も話し合いの場があれば、していく」と話した。 
 山川は富士大から2014年にドラフト2位で西武入りし、18年にパ・リーグ最優秀選手、昨季は3度目の本塁打王と初の打点王に輝いた。今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝メンバー。