ハジチ

 針突。明治の末ごろまで沖縄で広く行われていた女性の入れ墨。成女儀礼として指から手の甲、肘(ひじ)にかけて施された。1899(明治32)年に旧刑法によって入れ墨の禁止令が出されたが、ハジチを施す者が昭和の初期までみられた。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス