三重城 (みえぐすく)

 那覇港の北岸の突堤部。古琉球時代、対岸の屋良座森グスクと結んで、倭寇からの防御のために長堤を築き砦を置いていた。後に船旅の見送り場所ともなった。跡地に拝所があり、わずかに痕跡を残す。別れの哀情を歌う琉舞「花風」で知られる。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス